KStars for Windows

2018年1月8日月曜日

以前からWindows版の KStarsがリリースされていましたが、新バージョン 2.8.9 を使ってみたのでぬるっとレビュー。
システム制御用のPC(ASUSのT100Chi)はUbuntu と Windows のデュアルブートにしているのですぐに試せるのが便利(^^)

で、Windows版もINDIサーバーに接続してほぼ完全に制御できるようになっています。
システムはRasPi3をINDIサーバーにして赤道儀に載せてあります。
そこへWifi接続してWindows版のKStarsから制御してみます。


左のウィンドウが星図、右がEkos = INDI機器の制御パネルです。


ガイド、撮影、GotoなどLinux版と同じように動きます。
M42オリオン大星雲をガイドしながらテスト撮影中です。


INDIコントロールパネルもLinux版と全く同じです。



ガイドしながら、進捗表示も正しく表示されます。撮影した画像ファイルは自動的にローカルPCへダウンロードされるので後処理もすぐにできます。

一部、Linuxと仕様の違うところは動きません(AlignのローカルSolverとか)がINDIサーバーとのやり取りは問題なく行えます。
もう少し使ってみて、撮影に問題が無ければWindows版KStarsで行けるかと。
Ubuntuクライアントを用意しなくても済むのでかなり楽にKStarsを導入できるようになります。

オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況 2022/12/1
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
○ GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ