ドーム!

2019年9月23日月曜日

んで、

某施設で移動式プラネタリウムを観たことがあります。
エアドームの中に入って投影される星を観ることができるものですが、小さい割には臨場感もありなかなかよかったのです。
ドームは送風機でエアーを入れて膨らませるタイプで直径5m程だったと思います。投影にはプロジェクターが使われていました。

こんなプラネタリウムが欲しい( ̄ー ̄)
ドームの中に寝袋持ち込んで、ゴロゴロしながら星空を観る。
雨の日でも、雪の日でも観望可能。
α波の音楽を流しながらヒーリング効果も抜群!(?)

で、、、、
色々調べると、プラネタリウムファンの中では自作のプラネタリウムを作ってる方が結構いらっしゃるようで、かなり本格的なドームもあったりします。
よくあるのが、高校などの天文部が文化祭の展示で作ってみた感じの物。
楽しそうだなー(^^)

流石にガチな仕組みは作れないので、自作できるレベル&持ち運べるものを目標に製作を妄想してます(^^;

必要なものは2つ
・投影ドーム
・投影装置

投影装置は市販のプロジェクターを改造して全周魚眼で投影する製作例がネットでも探せます。
レンズの問題が大きいかと思いますが、これは金さえあれば何とかなりそうです(^^;
RAYNOX DCR-CF187PROが良いそうですが、これまた高い、、、、どこかに落ちてないだろうか・・・(^^;;;

問題はドーム。
きっちり球面を出しながら設置に耐えるものを作るのは流石に難しそうなので、色々調べたのですが、三角形を組み合わせて球面っぽい多面体を作り出す方法がありました。

ジオデシック・ドーム


富士山レーダーのドームと言えば思い浮かぶかもしれません。(若い人は知らんか)
フラードームとも言います。

ネットを探すと段ボールキットも見つかります。
なかなか面白そうなのでペーパークラフトしてみました。

下記のサイトで各辺の長さや組み方が計算できます。便利(^^)/

Desert Domes




球面ではないので、ここに投影するとどうなるか分かりませんが、人間の目はいい加減なのでごまかせるかなぁ?
木製にすると重そうだし段ボールだと耐久性に難があるので、プラダンで作ってみようかと思案中です。
問題は大きなドームにするとパーツのサイズも大きくなるし数も増えるので組み立てが難儀しそうです。
直径5mはちょっと無理かな。。。3mくらいならできそうかな?

てか、このドーム。
ちょっと改良すれば、個人天文台のドームにも使えそうかも?


オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況 2022/12/1
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
○ GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ