PyIndiで戯れる

2021年12月16日木曜日

自作プログラムを組んでINDIをごにょごにょしてみる回。

要するにINDIクライアントを組むことになるわけだけど、コンパイラでがっつり組むのも環境づくりが面倒なので、お手軽に始められるPythonスクリプトからINDIを制御してみました。
幸い、PythonだとQt5 GUIが使えるので、勉強がてらやっつけ仕事です。実はPythonいじるのは初めてというのは内緒です(^^;

で、INDIサーバーに接続してるCCDカメラでストリーミングして、リモートウィンドウに表示するコードを書いてみました。
INDIサーバーに接続しているカメラなら何でも使えるはずです(INDI依存なので相性はある)
手持ちの QHY5II-M, ASI120MM Mini は問題なく使えています。

ハードウェアの面倒はINDIが見てくれるのでめちゃ楽!!
ただ、ストリーミングを受け取るコードサンプルが見つからず、調べるのに時間がかかりました。最終的にライブラリコードを直読みしたので、こういう時はオープンソースは助かる~。

作法は無視して、書きやすいように書いているので、処理的にまずい方法をやらかしている気もします。ま、とりあえずは動作確認が目的なので手直しは後あと。

後は、ストリーム画像を適当に数枚キャプチャしたうえで、画像処理->回転計測->極算出->アライン情報表示、とかやればいい。

書くのは簡単。

誰かアルゴリズム部分作って\(^o^)/


オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況 2022/12/1
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
○ GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ