オリジナル OnStep基板 Rev2.x +Bluetooth

<ナビゲーション>
オリジナル OnStep基板 Rev2.x
オリジナル OnStep基板 Rev2.x +ESP-WROOM-02
オリジナル OnStep基板 Rev2.x +Focuser
オリジナル OnStep基板 Rev2.x +Bluetooth

+Bluetooth実装

ベース実装に加え、Bluetoothモジュールを実装する場合のパーツ等の情報です。
基板上のJ6にあるシリアルピンを利用したモジュール実装になります。
ここでは、Bluetoothモジュールとして RN-42 を扱います。
※注意:J6ピンを使用する実装は、基板上のESP-WROOM-02と共存できません。排他実装です。



パーツ表

記号
番号
パーツ名備考
-RN-42 Bluetoothモジュール1入手がしやすいRN-42を例にします。
SPPに対応するモジュールであれば実装可能です。
秋月 RN-42 Bluetooth 2mmピッチ変換モジュール
U3OKI-78SR 3.3V1DCモジュール
拡張ピンJ6へ電源を供給します。
-抵抗 1KΩ1RN-42上でピンのPullUpに使用します。

部品実装


RN-42上での配線を行います。
GPIO7を1KΩ程度の抵抗でPullUpして、シリアル通信速度を9600bpsに固定します。また、通信ステータスピンのCTSとRTSをショートさせておきます。

OnStep基板との配線は、3.3V、GND、TXD、RXD を基板上のJ6へ配線します。
TXDは基板上のRX1へ、RXDは基板上のTX1へクロス接続してください。

Config設定

OnStep上での設定は必要ありません。
モータードライバやギヤの設定を行って、そのまま書き込んでください。

動作させると、スマホアプリの OnStep2 や SkySafariなどで接続し制御できるようになります。


オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況 2022/12/1
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
○ GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ