norikyuバージョン その4

2015年12月12日土曜日

lin_guider-3.2.1の norikyuバージョンです。
毎度のソースを放流どす。

■lin_guider-3.2.1-norikyu.1.tar.bz2

norikyuバージョンのlin_guider 3.2.1 ソース一式です。
バイナリは含まれていません。
タブレット運用を主眼に、操作性の向上など小さな修正を入れています。

ファイルはココ lin_guider-3.2.1-norikyu.1.tar.bz2

ver 3.2.0 -> ver 3.2.1 の変更点は、ASIなどのカメラライブラリのバージョンアップなどです。機能的にはさほど変更はありません。


オリジナル->norikyuバージョンの変更点は下記の通りです。
  • ガイド開始初期のレチクル移動
    リュウさんのパッチアイディアを基に実装しました。
    キャリブレーション後、ガイド枠と基準レチクルがずれた状態から開始されるのですが、この状態から始めるとガイド初期に鏡筒を大きく動かす必要があり、安定するまで時間が必要です。
    そこで、ガイド初期時にレチクル側をガイド枠内に強制移動させ、ずれの無い状態からガイドが開始されるように修正しました。
  • 日本語訳の添付
    訳が間違っているかもしれませんが、仮の日本語化を行いました。
    翻訳ファイルをインストールするには、アーカイブ内のスクリプト、 build_i18n.sh を実行してください。
  • ガイド星ロスト時に追尾暴走しないように修正。
    ロスト時にはガイドをPAUSEするように変更。ガイド星が復帰したら自動的にPAUSE解除されガイドが再開されます。
    PAUSE判定は Q-ctrl のスレッショルド値のうち停止値(単位は%)を使用します。
    Q-ctrlがFULLの場合は停止してしまいますので、Notify か Off で使用してください。
  • ガイド枠のダブルクリック移動
    カメラビュー上でダブルクリックによるガイド枠の移動が可能です。タブレット上のVNCからの操作性がよくなります。
  • calibrationウィンドウとguiderウィンドウの表示位置の記憶
    ガイド毎にいちいち表示位置を調整しなおさなくてもOK。


■その他のnorikyuバージョン


  • eosshot-0.2.tar.bz2
    Canon EOSシリーズに特化した、タイマー撮影用スクリプトです。
    ファイルはココ eosshoot-0.2.tar.bz2
    使い方など、詳しくはアーカイブ内の readme.txt をご覧ください。


オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況 2022/12/1
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
○ GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ