光るシート

2016年3月2日水曜日


のりきゅうさ~ん、お荷物でーす。
中華方面より怪しい荷物が到着。開封。
出てきたのは、


ELシート! ピカー!光ります。

シートサイズはなんと12インチ四方(約30cm)
発光サイズも29cm四方とC9.25の口径を余裕でカバーする代物。
消灯時はピンクですがわりときれいに発光しています。
一緒に購入したインバーターがかなり怪しくて何やらジーッとか発振音を出してます(^^;
日本で買えば万は超えそうなサイズですが、インバーター付けて2枚で万超えません(^^;
品質はさておき、恐るべし中華品。。。

んで、これを使ってフラットを作ろうという試みです。

とりあえず、ELシートを使って撮影のテストをしてみました。


こんな感じでシートを撮影します。
シートは鏡筒に密着させず少し離してあります。

生シートをそのまま撮ると、やや青味がかって写りました。
ヒストグラムもズレていますね。
フラットはできるだけニュートラルグレーが良いそうなので、何とか調整してみましょう。
それと、生ELシートのままでは明るすぎるので、数秒露出でムラなく露光できるように減光してやります。


ELシートと鏡筒の間に減光材を挟んで撮影してみます。
減光材として試したのが、梱包用クッションシート、ポリ袋、乳白半透明のアクリル板2mm厚、コピー用紙です。


梱包用シートとポリ袋をELシートにくっつけると、ELシートの元色ピンクが浮き出てしまって(乱反射の弊害?)ダメです。
ELシートと減光材は密着させず、少し離して、照らしている感じがいいようです。


乳白半透明アクリル板はいい感じです。
ヒストグラムもまとまっているので、これをベースにコピー用紙を挟んで減光していきます。

結果
乳白半透明アクリル板2mm厚+コピー用紙9枚
ISO3200で30秒露出


ヒストグラムも良好。
もう少し、コピー用紙を減らして10秒程度で撮影できるようにすればイイかも(^^)/

オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況 2022/12/1
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
○ GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ