GBC-SHC基板 Rev1.0 (ESP32)

<ナビゲーション>
GBC-SHC基板 Rev1.0 SHC  (wSHC) を作成する
GBC-SHC基板 Rev1.0 電動フォーカサーを作成する

GBC-SHC基板 Rev1.0 DCINを使用する
GBC-SHC基板 Rev1.0 電池駆動を試す

 基板概要

この基板は、オープンソース赤道儀制御ソフトウェア OnStep を操作する、Smart Hand Controller の実装基板です。ESP32をコアに使用します。必要な部品を実装し、SHCファームウェアを書き込むことにより、OnStepに接続して使用できるハンディコントローラとして動作します。
詳しくは、OnStepのオフィシャルサイトOnStep Wiki (The Smart Hand Controller) にまとめられています。
また、ソースコードは SmartHandController GitHub を参照してください。

基板は私個人が作成したもので、オフィシャル推奨のPCBとは設計が多少異なります。参考にした 元記事PCBなどは、OnStep ESP32 Smart Hand Controller SHC です。
主な仕様は次の通りです。

  • 回路自体は元記事とほぼ互換
  • ESP32-DevKitC モジュールに対応
  • パススルーのST4インターフェイスあり
  • Gameboy Colorをベースに基板を作成。ボタン類が使用できます。 ケースは要加工。
  • 電動フォーカサーコントローラに転用可能。
  • フォーカサー用のモータードライバを実装可能(オプション)
  • フォーカサー用ドライバはDRV8825、DRV8834、TMC2100などに対応
  • DCINへの拡張も可能
  • 昇圧回路を外付けで電池駆動も可能

表面

ボタンパターン面です。
こちらにはディスプレイとダイオードだけを実装します。
ディスプレイを先につけると、ESP32ボードのはんだ付けができなくなるので、表面は最後に作業します。
また、裏面のESP32ボードの足が飛び出してくるので、短く切りそろえておくことと、ディスプレイの裏面を絶縁し、ESP32のピン足とショートしないように処理しておきます。

裏面

主部品を実装します。ESP32ボードが中心で、抵抗アレイやピンヘッダ、モジュラーなどが載ります。
DCINを使用する場合は、DCコネクタやレギュレータなどを搭載するパターンがあります。
基板上の5x5の配列穴は、個別に何か回路を組む場合のユニバーサルパターンです。

図のようにスルーホールが繋がっています。
中央にGNDがあります。

回路図

※オフィシャルのPCB図面と異なる点
ST-4ポートのピンアサインが異なります。本基板は赤道儀メーカーが多く採用している並びに合わせています。
ST-4ポートを Smar Hand Controller として使用する場合、この信号ラインの並びが違いますので、回路図を見て接続配線を変更してください。

実装パターン

実装パターンが多岐にわたるので、以降、ケース別の実装について、各ページで解説します。

GBC-SHC基板 Rev1.0 SHC  (wSHC) を作成する
GBC-SHC基板 Rev1.0 電動フォーカサーを作成する

GBC-SHC基板 Rev1.0 DCINを使用する
GBC-SHC基板 Rev1.0 電池駆動



オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況 2022/12/1
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
○ GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ