高感度M3

2016年2月12日金曜日

2016年2月10日
休み前ということで、時間に余裕のある観望でした。
主テストはISO12800を試そう!です(^^;
春の星座が出てくるようになると、銀河や星団が増えて賑やかになります。
中でも好物の球状星団が出てくるのはウレシイ。
で、、、これまでは球状星団の点像化に注力してたゆえに、ガイド精度の向上に力を入れてました。
ですが、OAG化によってこの点はクリアできると踏んで、今度はいかに微光星を写しきるか?と言うことにチャレンジしてみようと思ったのです。
で、微光星写すには、露出時間を延ばせばいいのですが、できるだけ星像を太らせないことも考えないといけません。
なので、感度を上げてみよう、というテストなのです。

実際の写真がこれ

M3 りょうけん座 球状星団

Celestron C9.25-XLT
Celestron Advanced VX
Guide off-axis guider
+RasPi2 lin_guider
Canon EOS Kiss X6i
ISO12800, 300sec x 7枚
ISO12800, 180sec x 6枚
ISO12800, 60sec x 6枚
StellaImage7
撮影地:兵庫県たつの市新宮町
リサイズのみでトリミングしてません。

被写体位置が中央からずれてるのは、ガイド星をOAGに入れるために少しずらしたせいです。
露出オーバーをカバーするために、異なる露光時間の画像を加算平均でコンポジットしてみました。
うーん、白飛びはいまいち補正されず(^^;合成枚数を調整したほうがいいみたいですね。
以前と比べてどうかなぁ?写ってる星量は増えた気がします。
見た感じ、枚数稼いでコンポジットすればISO12800でもノイズはそんなに目立たずに済むようです。
いいですね。
球状星団はこのパターンで撮る方向で。



M42 オリオン座 オリオン大星雲

Celestron C9.25-XLT
Celestron Advanced VX
Guide off-axis guider
+RasPi2 lin_guider
Canon EOS Kiss X6i
ISO3200, 240sec x 6枚
ISO3200, 120sec x 5枚
ISO3200, 30sec x 5枚
StellaImage7
撮影地:兵庫県たつの市新宮町
リサイズのみでトリミングしてません。

オリオン大星雲のクローズアップです。
ガス雲がうねうねと重なり合っているのがよく分かります。
こういう濃淡模様は見てて面白いですね。

オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況 2022/12/1
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
○ GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ