くまさん銀河1号

2016年12月7日水曜日

2016年12月6日(火)
平日にもかかわらず、新月期の最後の晴れ間を逃さずに出撃です。
さて、今日はターゲットを1つに絞ってたくさん撮ってみよう!的な方向で行きます。
最近、星雲ばかりなので今日はおおぐま座の仲良し銀河、M81 & M82の1号の方。
いつもは根性が無いので、撮影枚数は対象につき10数枚程度でやめてしまいます。
もっと大量にコンポジットすれば画質やディテールが出るのは分かっているので、今日は頑張って枚数稼ぎに勤しんでみました。
ま、タイマーセットしてほったらかしにするだけなんですけどね(^^;


M81 おおぐま座 渦巻銀河

Celestron C9.25-XLT
 + STARIZONA SCT x0.75
Celestron Advanced VX
Guide off-axis guider
 + RasPi3 lin_guider
Canon EOS Kiss X5i 新改造版
ISO3200, 360sec x 22枚
StellaImage7, Paint.net
撮影地:兵庫県たつの市新宮町
リサイズのみでトリミングしてません。


頑張って22枚コンポジットです(^^;
カメラのバッテリー交換や調整を含めて、撮影にかかった時間は約3時間。
タイマー放置で待ち時間は死にそうに暇でした(笑)
画像処理はダーク引いて、どこでもフラットパネルで撮影した生フラットで処理してます。
やっぱりコンポジット枚数が多いほど細かい構造もしっかり出ますね。
画像処理自体も荒れに気を遣わずに作業ができたと思います。
もう少し頑張って処理すれば、銀河端のグラデーションも滑らかにできるかなぁ。
滑らかさを目指すならISO感度を下げても枚数稼げば大丈夫かなぁ?
この辺りの見極めが分からないんだなぁ。
8分露光にすると、8×20枚=160分、途中作業を入れると3時間半コースか。。。
また時間かけてやってみよう。

ちなみに、写真下部にUGC5336がぼやっと写ったのでちょっとびっくり。




おまけ

12月2日に機材テストで撮影した馬。

オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況 2022/12/1
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
○ GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ