キラキラ☆

2015年3月18日水曜日

昨晩はガイドモニタのデバッグを兼ねて、久しぶりにまじめに撮影してました。
日中はすっかり春めいていたので夜間になっても気温が高く、凍えなくてすみました。
タイマー撮影中の仮眠はストーブいらずでした。
ガイドモニタはほぼ実用の域になってるので、基板起こしが終わればテスト頒布できそうです。

そんなわけで、前回撮り忘れてた銀河と私の好物、球状星団です。


M106 りょうけん座 渦巻銀河


Celestron Nexstar 6SE
Celestron Advanced VX
Guide 50mm/F4 x2-Balow NexGuide
Canon EOS Kiss X6i
ISO3200, 360sec x 4枚
StellaImage7にて処理
撮影地:兵庫県たつの市新宮町
リサイズのみでトリミングしてません。


うーん、暗い(^_^;
もうちょっと露出時間稼げばよかった。
一応、核周辺の構造と腕が写ってますね。
周辺にも小さな銀河団があるので、レデューサーで明るく広く撮ったほうがいいのかも。。。
外周の淡い渦ももっと写ればなぁ。次回の課題にしようっと。

ちなみに、全部で8枚撮影したうち星像がマシな4枚しか使えなかった&思った以上に気温が高くカメラのノイズが目立ってきたために、全体的に荒いです。


M13 ヘルクレス座 球状星団


Celestron Nexstar 6SE
Celestron Advanced VX
Guide 50mm/F4 x2-Balow NexGuide
Canon EOS Kiss X6i
ISO1600, 300sec x 4枚
StellaImage7にて処理
撮影地:兵庫県たつの市新宮町
リサイズのみでトリミングしてません。


いいなぁ~。キラキラだなぁ(^o^)/
ピントもマシだったので粒立って美味しそう(?)です。
M13は明るいのでISO下げても大丈夫。ザラザラ感は少ないと思います。
拡大すると星像がちょっぴり卵なんですけどね(^_^;

オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況 2022/12/1
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
○ GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ