続・バーティノフ・マスク

2014年5月26日月曜日

OHPシートを使ったバーティノフマスクの問題点として、ピントを合わせても実際はずれているということが分かりました。
で、原因は光がOHPシートを通過してくることが問題なのだろうと当たりを付けて、バーティノフマスクを作り直しました。

こちら。
スリットを全部ちゃんとくりぬいてあります。
ペラペラのOHPシートでは心もとないので0.5mmのプラ板で作成しました。
いやー手間だった(~_~;

で、枠を付けなおしてテストしてみました。


ターゲットはデネブです。
こんな感じで光条をジャスト位置にあわせます。
なんか、OHPシートの時よりも光が分離して干渉縞がきれいにはっきり出てますね。
これが正解なんでしょうね。
OHPシートのは光条の形はちゃんと出てるけど縞があいまいでした。

ピントを合わせた状態でマスクを取り、そのまま撮影してみると、、、
こんな感じ。

明るい星はデネブです。
周辺の星を見ると、、、を、ガイドを使ってないのでちょっと流れてるけどボケてはないですね。
ほぼピントは合ってるようです\(^o^)/

やはり、以前のマスクはOHPシートの透明フィルム部分で光が屈折したり拡散して正確な回折現象になっていなかったようです。

結論:OHPシート製バーティノフマスクは簡単で便利だけど、光の回折現象がゆがんでしまいピントがすれる可能性がある。
スリットはちゃんとくりぬこう。

これでピントあわせがだいぶ楽になるぞ!\(^o^)/

オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況 2022/12/1
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
○ GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ