NES赤道儀コントローラ

2016年1月28日木曜日

OnStepを使ったコントローラがひとまず完成しました。\(^o^)/
ここで実験していた基板からさらに小型のArduino互換、Teensy3.2を使ってポケットサイズにまとめました。モータードライバはDRV8825で変わってません。BluetoothはRN-42を直結です。
OnStepによって自動追尾、自動導入が一応可能です。
また、オートガイド用のST4ポートを搭載しているのでオートガイダーからのガイド信号を受けてガイドできます。

大きさはこのくらい。DC12Vで動きます。
結局、モーターが高速駆動に耐えないので、自動導入は30倍速程度であきらめました。ゆっくりです(^^;
基本的に焦点距離の短い屈折か望遠カメラを載せる予定なので、ターゲットの導入は手動でやってもいいかなと。
ひとまず、追尾さえしっかりやってくれればOK。

でもって、追尾テストしてみました。
ノータッチでの流れ方はこんな感じです。


天頂付近にあるカペラ周辺の星です。
望遠鏡はVixen A80SSWT、カメラはX6iです。

オリジナルのコントローラよりはだいぶマシになった感じです。
しかし、流れ方が変。。。
たぶん、ギア当たりの調整をしてないので、かみ合わせの当たり方でズレるような軌跡になってます。

5分露光だともっと分かりやすい。
点・ツー・点・ツー・点・ツーって感じ(^^;

もう少し調整してから、次はオートガイドでの撮影をやってみようっと


オリジナル 基板頒布

オープンソースの架台制御ソフト、OnStepのハードウェア実装基板などの話題です。


頒布状況
○ OnStep基板 Rev2.1
○ OnStep基板 Rev3.0
× GBC-SHC 基板 Rev1.0
頒布ご希望の方はこちら、基板頒布のお知らせ をご覧ください。

このブログを検索

Blog Archive

QooQ